35回交流会

   美味しかったね!

    新春もちつき大会

 

開催日:2015年1月24()

会 場:YMCAとつか保育園

参 加:9家族 24人(子ども13人、大人11人)


1月の交流会は毎年恒例のお餅つき大会です。4回目になった今年も、戸塚のYMCAとつか保育園の施設をお借りして開催することができました。今年は天候に恵まれたので、開放感ある園庭でのお餅つき大会になりました。

 

まずは蒸しあがったホカホカのモチ米をお父さんたちがこねるところからです。準備が整ったところでいよいよお餅つきの始まり始まり~! お父さんが勢いよく振り上げた杵を振り下ろすと「ペッタ~ン!」と気持ち良い音が冬空に響きます。子ども達もそれに続けてペッタン!ペッタン!と一生懸命にお餅をついてくれました。

 

お餅をついている間に、お母さんたちは味つけ材料の準備です。今回は、大根おろし・磯辺巻き・きな粉・クルミと豆腐をすりつぶした餡、ずんだ餡というラインナップ。特にずんだ餅は茹でた枝豆を子どもたちが殻から出し、薄皮を剥いてすりつぶしてくれたものです。そして、テーブルにつきたてのお餅が運ばれてくると、お母さんたちが一斉に準備した餡を絡めてくれたら出来上がり!! 


できたてホヤホヤのお餅をみんなで美味しくいただきました。ボランティアの皆さんが用意してくれた芋煮も冷えた体に嬉しいメニューでした。

 

また、今年は大学生の大道芸人さんが参加してくれました。園庭でジャグリングを披露してくれたり、風船でウサギや剣の作り方を教えてくれたり… 次々に繰り出される技に子どもたちの目はキラキラ。自分でアートバルーン作りをするのが初めての子もいて、楽しい体験になったようです。

 

今回お世話になったYMCAとつか保育園の斎藤園長さんは、実は2012年春に厚木でいちご狩りの交流会をした時にYMCAほさな保育園の園長をされていた方でした。

当時の交流会参加者もいたので懐かしかったのでないでしょうか。思いがけなく、重ねてきた交流の日々を思い起こす交流会となりました。


次回の交流会は3月に予定されています。また皆さんで楽しい交流会にしていきましょう!


協力団体YMCAとつか保育園、横浜移動サービス協議会、山王森ハイツ自治会、

横浜大道芸倶楽部、()石井造園


もちつき大会、とても楽しかったです。お兄さんお姉さんと一緒にすごろくをして、息子は喜んでいました。風船で剣を作っていただいたり、園庭でも遊具で たくさん遊びました。もちつき体験後、出来立てのお餅は美味しかったです。海苔もち、胡桃もちを、お代わりして、いも煮も美味しく頂きました。ありがとうございました。(Nさん)

◆お餅つき楽しかったです。ユニセフすごろくでは、深い意味があって色々知ることが出来ました。大道芸や風船作り、楽しかったですまた参加したいです。(Mちゃん)

◆息子は久しぶりの参加でしたが、すっかり仲良しの友達もできて、楽しそうに遊んだり、お餅もたくさーんいただきました。巨大スゴロクがおもしろかったのと、ずんだもち、美味しかったぁ~。(Oさん)

What's New

熊本支援

守りたい・子ども未来プロジェクト&横浜ビールの共催で毎月第4木金に開催している”福島の地酒バー”では、21・22の収益とお客様から寄せられた募金で、熊本の避難所にむけて玩具&ウェットティッシュを送りました。熊本県ユニセフ協会を通じて届けられます。これは昨日発送したそのうちの1箱です。