38回交流会


横浜DeNAベイスターズの

応援グッズを作ろう!


開催日:2015721(祝・火)

会 場:横浜中央YMCA(横浜市中区)

参 加:17家族65人 ※野球観戦者も含む


 毎年夏の恒例となりつつある横浜DeNAベイスターズの野球観戦に、今年も横浜YMCA様にご招待もらいました。

 試合の観戦前に交流会としてお集まり、観戦に欠かせない応援グッズを作りを毎年行ってきました。今回は応援グッズとして、応援うちわ、応援メガホン作りです。

その他に、中畑清監督(福島県西白河郡矢吹町出身)にプレゼントするための似顔絵をちぎり絵で作りました。ボランティアさんが事前に準備してくれた下絵に、色のついた和紙をちぎっては貼る作業を行いました。


ちぎり絵を作るのは初めてという子も多かったので、まずは1枚予備に用意した下絵に、自分たちでちぎった和紙を張っての練習を行いました。

はじめのうちは、大きめにちぎった和紙を貼っていたので、ちょっと目の粗い雰囲気の絵になっていましたが、途中から細かくちぎり、加えてちょっとした分業作業もはじまり、和紙を色ごとにちぎる人、貼る人と別れ、ちぎった和紙を貼る子どもたちも顔のパーツパーツで分担して協力しながらの作業展開となりました。

立体的に張られていくちぎった和紙を角度を変えて眺めた子が、「もうすこしここに貼ってみよう」、「剥がれそうだからもっとのりを頂戴」と、交流会終了後みんなで作った作品を持って球場のベンチにいる中畑監督に渡しに行きました。



先日のベイスターズのプレゼンターも夏休みの素敵な思い出になりました。選手に直接会って、握手が出来て興奮していました。

長男は横浜に来てから野球を知り、浜スタが近いことでベイスターズの応援に何度か通ううちにファンになりました。貴重な経験をありがとうございました。(Nさん)


What's New

熊本支援

守りたい・子ども未来プロジェクト&横浜ビールの共催で毎月第4木金に開催している”福島の地酒バー”では、21・22の収益とお客様から寄せられた募金で、熊本の避難所にむけて玩具&ウェットティッシュを送りました。熊本県ユニセフ協会を通じて届けられます。これは昨日発送したそのうちの1箱です。