開催日:9月2日(日)

会 場:レストラン味蕾亭(横浜市西区)

参加人数:267人(参加者を集計中)

この日はお昼から連合神奈川産の主催で県内に避難していたお子さんのいるご家族をミュージカルキャッツへご招待していただきました。

なんと480人もの家族が神奈川の色々な地域から集まってきてくれました。

折角これだけの人々が集まったので、キャッツの公演後に交流会を実施しました。

キャッツの公演会も当初予定していた募集人員の倍以上に膨れ、もちろん交流会の参加者も倍くらいに膨れました。

会場として用意した、レストラン味蕾亭も直前になって2フロアーを借りての交流会となりました。

時間的におなかが空き始めた子どもたちは、テーブルに並んだ料理に今にも飛びつきたい雰囲気

皆様のご挨拶も早々に乾杯してサンドイッチやコロッケ、ジュースを飲んで交流会の始まりです。

交流会の会場には、今この交流会に参加している人たちの神奈川県内での分布図を大きな紙に印刷して掲載したり、福島県の地図を展示しました。

テーブルも出身地域ごとにセッティングしたので、地元の話で盛り上がっていたと思います。

会場での話の中では、「神奈川県内にこんなに同郷の人がいるんですね!」、「子どもたちがこんなに沢山いるとは思わなかった!」、「交流会が行われていることも知らなかった・・・」などなど様々な意見をお聞きしました。

交流会の後半になると少し飽きてきた子どもたちには、ビンゴゲーム大会です。

1等賞はさっき見てきたばかりのキャッツで使用していた曲が収録されたCDです。

子どもたちにはわからなくても保護者の方々が「がんばれー」と応援していました。

そんな子どもたちがビンゴに夢中になっている間に保護者の交流会です。

神奈川県の分布図を見ながら、このあたりに住んでる、あの辺に住んでる、そしてメール交換しましょうか?と様々な交流をしていたみたいです。

今回の交流会は267人もの参加者がいたのであまり深い交流にならなかったかもしれません。

でもまだこんなに沢山の家族が、東北地方から避難していることがわかったと思います。

今後の交流会では、また皆さんお集まりいただき、少しでも交流の輪を広げていっていただきたいと思います。

 

次回交流会は・・・

 9月30日(日)10:00~

 横浜中央YMCA

 交流会の後は、横浜DeNAベイスターズ野球観戦

 

セル1 セル2

What's New

熊本支援

守りたい・子ども未来プロジェクト&横浜ビールの共催で毎月第4木金に開催している”福島の地酒バー”では、21・22の収益とお客様から寄せられた募金で、熊本の避難所にむけて玩具&ウェットティッシュを送りました。熊本県ユニセフ協会を通じて届けられます。これは昨日発送したそのうちの1箱です。