第14回交流会「クリスマス会」

 

開催日:12月22日(日) 10:00~15:30

会 場:新横浜ユウホール

参加家族:78

なんと言ってもこの日の呼び物は「東京おもちゃ美術館」のスタッフによる遊びコーナー。たくさんのおもちゃで夢の国をつくりあげてくださいました。遊びゴコロをくすぐるおもちゃの数々は、たちまち子どもたちの心をとらえます。シートに座りこんでじっくり遊ぶ子ども、おもちゃからおもちゃに渡り歩く子ども。そしてまた少し大きい子どものためには工作コーナーやボードゲームもあり、大人たちが交流会をしている間、子どもたちはたっぷり楽しむことができました。
2 時間ほど遊ぶと大人の交流会も終わり、みんなでパーティの準備です。机を移動する人、料理を配膳する人、お皿やコップを用意する人…。1 年前に行った第一回の交流会「おっきなクリスマスケーキを作ろう」の時には6 家族17 名の参加だったことを思うと、これだけ多くの方と繋がれたことが夢のよう。わいわいと進む準備の中でスタッフは感慨もひとしおでした。
さて、テーブルにはたっぷりのご馳走(すべて協力企業からの協賛!)が並び、みんなで「メリークリスマス!」
と乾杯。お腹いっぱいになるまで食べて飲んで、お喋りに花が咲きました。

子どもたちが食べ飽きたころを見計らって、本日の呼び物パート2、みんなで歌おうコーナーです。スタッフが用意した楽器を使って有志が即席で練習をして発
表、会場の皆さんにも声を合わせて歌っていただきました。続いての即席フラレッスンは女の子たちに大人気。
花飾りをつけた自分にうっとりして上手に踊りました。
最後はお楽しみビンゴ大会、そしてサンタさんが登場してプレゼントを一人ひとりに手渡してくれました。なんと大人にもプレゼントがあって嬉しいサプライズ。さ
らに協賛企業からのフルーツやジャムなどをカバンにいっぱい詰めてクリスマス会はお開きです。「また次の交流会で会おうね!」と笑顔を交わして会場を出る皆さんの後ろ姿にとても嬉しくなりました。

メリー・クリスマス!

What's New

熊本支援

守りたい・子ども未来プロジェクト&横浜ビールの共催で毎月第4木金に開催している”福島の地酒バー”では、21・22の収益とお客様から寄せられた募金で、熊本の避難所にむけて玩具&ウェットティッシュを送りました。熊本県ユニセフ協会を通じて届けられます。これは昨日発送したそのうちの1箱です。