第15回交流会「おもちつき」

 

開催日:1月20日(日) 10:30~15:30

会 場:湘南とつかYMCA

参加家族:12家族

去年のお餅つきでは3家族だった交流会も12家族の家族が集まっての交流会となりました。今年のお餅つきは、湘南とつかYMCAの体育館で開催しました。

いつもの事なのですが、参加者の皆さんと会場作りを行いました。

子どもたちもお餅を付くことができるように少し小さめな臼と杵で子どもたちも順番にペッタンペッタンとお餅をつきました。

ついたお餅は、東北の方なら誰でも食べる納豆に絡めたり、きな粉に絡めたり、海苔を巻いたり、そしてもう一つ東北名物のズンダを絡めたりと4種類のお餅を作りました。

子どもたちはきな粉をまぶしたりと楽しそうにお餅を絡めていました。

昼食タイムにはみんなでそろって「いただきます!」

自分でついて、絡めたお餅をおいしそうに食べていました。

昼食が終わった子どもたちは広い体育館の中でボランティアのみんなと遊びまわりました。絵を描いたり、ボールで遊んだり、大縄跳びをしたり、そして今回は歌や風船のパフォーマンスも登場と盛りだくさんでした。

風船のパフォーマンスを見た後は子どもたちも風船作りをして楽しんでいました。

作った風船はお土産として持ち帰りました。

保護者の交流会では、初めて交流会に参加した家族や皆さんの紹介や近況が話し合われました。

 

協力:湘南とつかYMCA

 

What's New

熊本支援

守りたい・子ども未来プロジェクト&横浜ビールの共催で毎月第4木金に開催している”福島の地酒バー”では、21・22の収益とお客様から寄せられた募金で、熊本の避難所にむけて玩具&ウェットティッシュを送りました。熊本県ユニセフ協会を通じて届けられます。これは昨日発送したそのうちの1箱です。