第16回交流会「かまぼこ・ちくわ作り」

 

開催日:2月17日(日) 12:30~16:00

会 場:鈴廣かまぼこ博物館(小田原)

参加家族:18 家族61 人

「美味しくて大好きだけど、作るところなんて見たことない! 」その
かまぼこを作れるとあって、寒い中、多くの方が参加してくださいました。
キャップをかぶってエプロンをつけて調理ブースに入ると、どの子も不
安と期待が入り混じった顔。職人さんのお手本を真剣に見つめます。「さ
あ、皆さんもやってみましょう」と促されて配られたすり身をヘラでこね
てみるものの、なかなかうまくはいきません。四苦八苦しながら、なんと
かかまぼこらしい形に仕上げることができました。
かまぼこを蒸し器に入れ、次はちくわ作り。こねたすり身を竹の棒につ
けます。これがまた、簡単なようで難しい。苦戦すること10分あまり、
皆さんそれなりの形に仕上げて終了となりました。

お楽しみランチタイムはすぐそばの「えれんなごっそ」というレス
トランでバイキング。ほどなく、先ほど作ったちくわが焼き上がって
運ばれてきました。自分の番号のついたちくわを受取ってかぶりつく
顔は大人も子どもも幸せいっぱい。「焼き立てなんて始めて!」「歯ご
たえあってすごく美味しい!」と喜びの声があがりました。
ランチの時間もそろそろ終わりという頃、お待ちかねのかまぼこが
蒸しあがって運ばれてきました。自分で作ったかまぼこなんて、最高
のお土産ですね。きっとおうちでも美味しい笑顔がひろがったことで
しょう。

What's New

熊本支援

守りたい・子ども未来プロジェクト&横浜ビールの共催で毎月第4木金に開催している”福島の地酒バー”では、21・22の収益とお客様から寄せられた募金で、熊本の避難所にむけて玩具&ウェットティッシュを送りました。熊本県ユニセフ協会を通じて届けられます。これは昨日発送したそのうちの1箱です。