第22回交流会「やどりき水源林でのんびり~」

 

開催日:8月17日(土) 

会 場:やどりき水源林(松田町)

参加家族:4 家族10 人

今年の夏は連日の猛暑! そんな中、「やどりき水源林のつどい」に去年に引き続きご招待していただき、全体では200名にのぼる参加者と一緒に4家族10人が川の涼を楽しみました。 去年の参加の時も「福島より田舎~!」と言われ、やはり今年も「すっごい山の中ですね!」と言われるくらいの山の中。寄(やどりき)は神奈川の大切な水源地の一つなのです。 今回は初めて参加する一家族と、親戚が福島から来ているので一緒に参加してくれた方が一家族いらっしゃいました。初めて参加してくれた家族は「今までわらしこを見ていて色々なイベントがあり、今回参加する事が出来たのでとてもうれしい」と語り、福島から遊びに来てくれていた方からは「福島は以前とあまり変わっていない、こんな川遊びや、山でのんびりすることなんてできない…」との話をうかがいました。くつろいでいる大人をよそに、子どもたちは川に入って水生生物探しをしたり、森林を散策したり。そしてお楽しみはスイカ割り! 40人ほどの子どもたちが5人ずつ目隠しをしながらスイカの前に立ちます。中には全く見当違いの方向に歩く子どもがいたりして大盛り上がりでした。お昼にはお弁当と地元名物の鹿シチューや、たい焼きを頂きました。帰りにはバスの中でも電車の中でも、子どもたちはぐっすりと眠っていました。よっぽど楽しく駆け回ったんですね! 来年の夏も寄の水源地探索に出かけようね!
■水生生物を探すのが一番楽しかった。スイカ割りはうまく割れなかったけどおいしかったよ! 鹿シチューも美味しかった! 来年も食べたいなぁ。   (あいちゃん)
■ 福島では日常できない、外遊びやすごくきれいな川での水遊びが思いっきりできてスッキリしました。暑い中で食べた、タイ焼き・鹿シチュー・すいか・全部美味しかったです。神奈川に遊びにきて、楽しい一日になりました。ありがとうございました。       (R・Oさん)

What's New

熊本支援

守りたい・子ども未来プロジェクト&横浜ビールの共催で毎月第4木金に開催している”福島の地酒バー”では、21・22の収益とお客様から寄せられた募金で、熊本の避難所にむけて玩具&ウェットティッシュを送りました。熊本県ユニセフ協会を通じて届けられます。これは昨日発送したそのうちの1箱です。