第29回交流会

ご招待企画2014 チャリティー地引網」

 

開催日:5月17日() 

会 場:鵠沼海岸

参 加: 22家族 63人(大人30人、子ども33人)

 

 

昨年は海が荒れたために中止となってしまったチャリティー地引き網。

今年はそのリベンジとばかり、参加する皆さんも気合が入り、多くの方が申し込みをしてくれました。そんな願いが神様に伝わったのか、当日は初夏を思わせる好天。早朝からの海岸清掃にも沢山の家族が参加し、鵠沼の砂浜に落ちているごみを拾ってくれました。

 

今回は開催場所が相模湾の中ほどに位置する鵠沼海岸という事も有り、普段はなかなか交流会に参加できない神奈川県西部にお住まいの方が多く参加してくださり、中でも4家族が〝交流会初参加″。 また新しい輪が広がりました。

 

そして驚いたことに、1歳未満のお子さんが3人も! 避難生活の中で生まれたお子さんもすくすく育っているのですね♪

 

 バーベキューが始まると、みんなお皿を持って焼き台にまっしぐら! 大勢で食べる食事はそれだけでも美味しく、江の島を眺めながらのビールを、お父さんたちも喉を鳴らしながら飲んでいました。

 

いよいよ地引網の時間になると大人も子どもも海から延びる網のロープに群がり、掛け声とともに一生懸命引いてくれました。網にかかった大きなイカ、銀色に光る小さい魚たち。初めての地引網体験に、子どもたちもはしゃいでいました。

 

海辺の日差し、打ち寄せる波、手指をすり抜ける砂…自然は子ども達を元気にさせます。 地引網を終えて砂まみれになって海で遊ぶ子や、砂に埋まる子ども達。保護者のみなさんは子どもたちのそんな無邪気な姿を見ながら、2カ月ぶりの交流会でお互いの近況を語りあっていました。

 

初めての地引網、久しぶりの海で砂まみれになって遊んで、きっとずいぶん疲れたことでしょう。みんなちゃんと帰れたかな?()

 事前、当日の準備、運営まで労働組合の方々には大変お世話になりました。また来年も楽しみにしています!

 

主催 : 情報労連神奈川県協議会

共催 : NTT 労働組合神奈川県グループ連絡会

 

 

■おもいあみをひいて、ひいて、なんかいもひいて、さばやイワシやしらすがたくさんとれました。その中に大きなイカがいてうれしかったです。でも、たべられてしまうので、かわいそうだなとおもいました。 A.K

 

 

■勝手がわからず、料理をもらいそびれてしまったりもしましたが、美味しいものがたくさん食べられて(^^) 地引き網も震災の前の年以来で、さらに海辺で遊ぶこと自体久しぶりだったので子供もとても楽しかったと言っていましたし、あんなにはしゃいだ姿を久しぶりに見れて嬉しかったです。(中略)新鮮なまま持ち帰ったいわし君をこれも久しぶりに子どもと調理できたこと、良かったです。いわきでよく釣りをしていた頃を思い出しました 本当にありがとうございました。また来年もありましたらぜひ参加したいです              (M.I

 

 

去年は中止になってしまい残念でしたが、今年は晴天のもと地引網が出来てとても楽しかったです!BBQもビールも美味しくて、久しぶりに会えた人もいて最高の休日になりました!来年もまた地引網がしたいです。 .Y

 

What's New

熊本支援

守りたい・子ども未来プロジェクト&横浜ビールの共催で毎月第4木金に開催している”福島の地酒バー”では、21・22の収益とお客様から寄せられた募金で、熊本の避難所にむけて玩具&ウェットティッシュを送りました。熊本県ユニセフ協会を通じて届けられます。これは昨日発送したそのうちの1箱です。