第30回交流会

 

屋形船でクルージング♪

 

開催日:7月26() 

 

会 場:横浜湾

 

参 加:23家族 77人(大人40人、子ども37人)

 

 この日は気持ちの良い晴天に恵まれ、横浜湾を屋形船でクルーズするという風流な交流会を77名もの参加者とともに楽しむことができました。

夏の陽射しを受けて輝く水面、行き交う船…。横浜湾の風と水しぶきを受けながら、普段とは逆に海から街の景色を眺めたり、ベイブリッジの下をくぐってみたり、大きな大きな豪華客船のすぐそばを通ってみたり…と、とっても楽しいクルージングでした。

また、福島県からはスペシャルゲストとして八重たんが参加。大きな頭が天井にぶつかりそうでハラハラしましたが、子どもたちの相手をして盛り上げてくれました。

クルージングのあとは、皆でふくしまカフェへ移動してランチタイムです。厨房のシェフがこの日のために特別に作ってくれたハンバーグのお弁当を、家族そろって、そして友達と一緒に美味しくいただきました。

ランチ後のひととき、保護者の皆さんはホっとして交流を楽しみ、子ども達はなんと! 日本スーパーバンタム級チャンピオンの大竹選手とのスパーリングを体験しました。チャンピオンが構えるミットに力いっぱい打ち込む表情は、小さな子どもながら真剣そのもの。「今年からボクシング部に入った」という高校生男子にとっては最高の思い出になったに違いありません。

 

 このステキな一日が心の絵日記に残るといいな、と思います。

 

 協 力:(株)ピア・フォー、(株)横浜ビール、「Fukurumカード」推進協議会

 

 

 

■先日は、楽しい企画ありがとうございました。昨日は帰りが遅くてメール出来ず、感想は昨夜迄とのことでしたが、感謝の気持ちだけお伝えしたいと思いました。初めての屋形船の体験は、本当に楽しいひと時でした。暑い日差しと海風の心地よさ、そして懐かしい磯の香りに、忙しい日々の現実を離れ、水面も見ながら、ホッとする時間を頂けた事、本当にありがとうございました。また、その後の懇親会では、大竹チャンピオンが息子のミットの相手までして下さりもう感謝と感激で言葉になりません。いつもは、わらしこの様々な企画を見ながら、参加したい気持ちと裏腹になかなか腰が重い事があり、見るだけになっていましたが、今回参加させていただき、本当に良かったと思いました。ありがとうございました。        (Mさん)

美味しいお弁当と素敵な船のクルージングをありがとうございました。横浜の見慣れた街の間を抜けて海へ出ると、いつもは遠くに見えるベイブリッジが目の前に。海風も心地よく素晴らしい景色を見れて心が癒されました。ありがとうございました。(K.M)

 

ベイブリッジの下や豪華客船のすぐ近くを通ったりして楽しかった。一番前で波がかかったりして迫力満点だった。

 

なかなか乗船する機会のない屋形船。 いつもとは異なる目線で横浜の街を楽しませて頂き、また突然の《八重たん》 登場で子供は大喜びでした()

そしてご用意して頂いたお弁当もボリュームたっぷりで美味しく頂きながら会話も弾みました。  (Y.U

 

What's New

熊本支援

守りたい・子ども未来プロジェクト&横浜ビールの共催で毎月第4木金に開催している”福島の地酒バー”では、21・22の収益とお客様から寄せられた募金で、熊本の避難所にむけて玩具&ウェットティッシュを送りました。熊本県ユニセフ協会を通じて届けられます。これは昨日発送したそのうちの1箱です。