31回交流会

 

やどりき水源林のつどい

 

開催日:816() 

 

会 場:寄(やどりき)

 

参 加:3家族 6人(大人3人、子ども3人)

 

 

 今年で「やどりき水源林のつどい」にご招待いただくのも3回目となりま

した。東北から来た皆さんからも「神奈川にもこんな田舎があるんだ!」と

言われるくらい山の中にあるこの寄(やどりき)の一帯。神奈川の飲み水を

支える源流となっています。

 猛暑が続いていた夏ですが下界からこの寄に来ると少しヒンヤリとした空

気が木々の間を流れてきます。セミの鳴き声も、下界に比べると半月ほど季

節の進みが早いよう。冷たくて清らかな川の流れは今年も変わらずに私たち

を待っていてくれました。

 

私たちは7人で来ましたが総勢では400人を超える親子が集いに参加しています。第一陣でバスで到着したグループは、すでに散策に出かけたり川遊びを始めたりしています。森林指導員の先生は自分の体より太い木をのこぎりで引いていて注目の的。私たちも興味のあるブースを見つけて、普段なかなかできない作業や創作にチャレンジ。楽しい時間を過ごしました。

 

お昼にはお弁当を食べたり名物の鹿のシチューやタイ焼きをほおばったりして大満足。デザートのスイカ割りをした後もまた川遊びに興じました。保護者の皆さんも子どもが遊びに出ている間は、去年はあれ食べたねー、ヒノキの木くずやチップを沢山もらったねー…などとノンビリと思い出話。と、そんなところへ川で泳ぎ砂まみれになった子どもたちが戻ってきました。でも3年目ともなると保護者も違います。しっかり着替えを用意して準備万端でした。

 

 今年もたくさん神奈川の自然を満喫する事が出来ました!また来年も来ようね!

 

主 催 : 県民との協働による森林づくり実行委員会

 

 

■川の水がすごくキレイで、オタマジャクシやサワガニやカジカがいたり、いろいろ発見できてワクワクしました^_^  たい焼きやスイカも美味しかったけど、鹿シチューはほっぺが落ちるくらい美味しかった(((o(*゜▽゜*)o))) (Aちゃん)

 

 

■子どもたちもみんな元気に川遊び、大人もリラックスできてよかったです。初めて参加しましたが、意外に近くに、こんな自然豊かないいところがあるんですね。また機会がありましたら参加してみたいです。      (Kさん)

 

 

■集合場所からこのイベントのための臨時バスに乗って、山を登ったと思ったらまた谷に向かって降りて行く。そんな山を越えた先にある寄(やどりき)は来るたびに毎年川の流れが変わっている。普段私達が目にする川とは景色がちがいました。これが自然なんだ~と納得しました。こんな綺麗な川の流れを見ていると、少しホットして時間の流れも穏やかに感じられました。 

Kさん)

 

What's New

熊本支援

守りたい・子ども未来プロジェクト&横浜ビールの共催で毎月第4木金に開催している”福島の地酒バー”では、21・22の収益とお客様から寄せられた募金で、熊本の避難所にむけて玩具&ウェットティッシュを送りました。熊本県ユニセフ協会を通じて届けられます。これは昨日発送したそのうちの1箱です。