33回交流会

みかん狩り&いも煮会


開催日:10月25日() 9:00~15:00

会 場:みかん狩り(伊勢原市・三岳園)

いも煮会(厚木市・東京工芸大学)

参 加:15家族 44人(大人21人、子ども23人)


食欲の秋! 今回はそんな季節にぴったりの企画となりました。


集合場所から農道を歩いて20分、息があがったころ到着したみかん園では濃い緑の葉の間にオレンジ色のみかんがたわわに実っていました。太陽の陽がたっぷり降り注ぐ

みかん山の南斜面。子どもも大人も自分のみかん袋を持って、木からもいだみかんを食べたり袋に詰めたりで大忙し。


急な斜面を登ったり降りたりするも、オレンジ色の宝さがしに夢中になっていれば明日の筋肉痛にまで考えは及びません。みかん栽培の北限は神奈川県と言われているので、

東北の皆さんとしては初めての経験という方も多かったようです。満足の笑顔でみかん園をあとにしました。


伊勢原でのみかん狩りの後は、厚木の東京工芸大学へ移動しての芋煮会です。東京工芸大学の食堂の皆さんが神奈川風のいも煮を作ってくれました。具材の違いは多少ある

けどダシもきいていてとても美味しかったらしく、何杯もお代りをしている人が沢山! 用意したいも煮のお鍋はあっという間に空っぽになってしまいました。


お腹を満たした後は、子どもや保護者、ボランティアの皆さんも参加してのちょっとしたゲーム。お腹も心も満たされて和気あいあいです。子どもたちは引き続いてハンカ

チ落としや鬼ごっこ、コインゲームなどで楽しみました。


一方、保護者の皆さんはボランティアの支援者の方々と和やかにおしゃべり。みかん狩りといも煮会という欲張り企画で神奈川の秋を満喫していただきました!


主催:福島の子ども保養プロジェクト実行委員会

生協実行委員会(ユーコープ、パルシステム神奈川ゆめコープ、ナチュラルコープ・ヨコハマ、

うらがCO-OP、富士フイルム生協、川崎医療生協、医療生協かながわ、神奈川みなみ医療生協、

神奈川北央医療生協、神奈川大学生協、神奈川県生協連、

守りたい・子ども未来プロジェクト実行委員会、神奈川県ユニセフ協会)

協力:学校法人東京工芸大学、東京工芸大学生活協同組合、

明治学院消費生協、加藤産業㈱、アサヒ飲料㈱、

ポッカサッポロフード&ビバレッジ(株)、三岳園


◆初みかん狩り…急な坂道を登って、やっとみかん畑につきました。坂道の畑を歩きながら、あまいみかんを見つけてうれしかったです。芋煮はすごーく美味しくて、4 杯も食べちゃった! ゲームは、お兄さん達が本気で走るから、疲れたけど楽しかった。(A ちゃん)

◆親子でみかん狩りは初めてだったので行く前からとても楽しみにしていました。当日は晴天に恵まれ、小高い丘までの登りは多少疲れましたが、動いた後で自分で収穫したミカンは最高に美味しかったです!

芋煮は想像していた具材と違っていましたが、沢山の具材が入っていていいダシが出てとても美味しくて親子で何杯もおかわりをしました。みかんのお土産もあり、とても有意義な一日になりました。ありがとうございました。 (Sさん)

What's New

熊本支援

守りたい・子ども未来プロジェクト&横浜ビールの共催で毎月第4木金に開催している”福島の地酒バー”では、21・22の収益とお客様から寄せられた募金で、熊本の避難所にむけて玩具&ウェットティッシュを送りました。熊本県ユニセフ協会を通じて届けられます。これは昨日発送したそのうちの1箱です。