34回交流会

    クリスマス会


開催日:2014年12月20()

会 場:フェリス女学院大学(横浜市泉区) 

参 加:15家族 35人(子ども40人、大人37人)


今年のクリスマス会はフェリス女学院大学の食堂をお借りして実施。インフルエンザの流行などにより3家族が欠席となりましたが、子どものいる15家族と、今回は大人だけで参加という方も加わり、にぎやかな交流会となりました。

 

参加者の皆さんには開催時刻より少し前に集まっていただき、みんなで会場の飾りつけ。だんだん気持ちも盛り上がってきたところで会が始まりました。

クリスマス会のイベントには、フェリス女学院大学の学生の皆さんが中心になり、エコバックとクリスマスカード作りを企画。学生の皆さんが中心となって実施してくださいました。お姉さんたちに教わりながら、子どもたちはエコバックに思い思いの装飾を行い、工夫いっぱいのクリスマスカードも作りました。

 

別のスペースでは「いずみ布おもちゃぐるーぷ」の皆さんにお手伝いいただき、子どもたちが自由に遊べる空間を作りました。布おもちゃは子どもだけでなくお母さんたちの心も惹きつけたようでした。また、このグループで活動されている方々は子育てを終えた世代ということもあり、お母さんたちは子どもを遊ばせながら子育ての経験談を聞いたり、とりとめのない話をしたり、なごやかな時間を楽しんでいました。

 

食事はクリスマス用のオードブル、豚マン、おにぎり、バナナ、ミカン、スウィーティー、リンゴなど盛り沢山の料理や果物を、参加者、スタッフが一緒になって頂きました。この時は男子学生がサンタの扮装で大活躍。サンタが運んでくれたケーキを受け取る子ども達はとっても嬉しそうでした。

 

いよいよ最後のイベントはおなじみのビンゴゲームです。ここでは子どもたちもスタッフとなりビンゴを回します。出た数字を元気な声で発表するのを、お母さんたちも嬉しそうに見守っていました。景品には図書カードやワインなど大人も楽しめるものも多数あったので時には羨望の声もあがり、大いに盛り上がって閉会となりました。

恒例のクリスマス会は、後片付けも参加者の方々に手伝ってもらいます。でも、実は会場を飾った人形やオーナメントをお土産に持ち帰れるという特典付き。皆さん楽しんで片づけをしてくださいました。

 

参加者の皆様、ご協力いただいた企業様、団体の皆様、スタッフの皆様、どうもありがとうございました。



協力団体学校法人フェリス女学院大学、いずみ布おもちゃぐるーぷ、

株式会社 蔦金商店、水浅青果株式会社、有限会社 金一坪倉商、

株式会社ガトーよこはま、パティスリー・ラ・ベルデュール


広々とした会場でクリスマスの飾りつけからはじまったクリスマ会。子供達は夢中で飾りつけをしていました。そのあとも布おもちゃコーナーの方々には子供達とたくさん遊んでもらい、本当にありがとうございます。そして子供達はもちろんのこと、たくさんのケーキに幸せな気分を頂きました。ビンゴゲームでは親子共々夢中になり、たくさんのお土産を頂き、本当に感謝するばかりです。当日作ったエコバックにクリスマスの飾りをたくさん詰めた子供達は、帰ってからも自宅のクリスマスに追加の飾りつけをして楽しみました。本当にたくさんの思い出とお土産をありがとうございました。(Y.U)

お姉さんが優しく教えてくれたからエコバック作りがすごく楽しかった早くにビンゴになって気に入ったものがもらえてうれしぃ〜ケーキもフルーツも美味しくて、フルーツは何個も食べちゃったよありがとう。(A.K

What's New

熊本支援

守りたい・子ども未来プロジェクト&横浜ビールの共催で毎月第4木金に開催している”福島の地酒バー”では、21・22の収益とお客様から寄せられた募金で、熊本の避難所にむけて玩具&ウェットティッシュを送りました。熊本県ユニセフ協会を通じて届けられます。これは昨日発送したそのうちの1箱です。