第4回避難者交流会 「イチゴ狩りに行こう!」

 

開催日:3月18日() 10:3016:00

会 場:厚木市戸田 西山いちご園

    厚木YMCA保育園ホサナ

参加家族:23家族70人

       (大人30人、子ども40人)

 

 

4回の避難者交流会は70人という大規模交流会となりました。

いちご狩りということもあり沢山の子どもと家族が参加してくれました。

いちご狩りは駅から離れた西山いちご園で開催しました。

本厚木駅から西山いちご園まではマイクロバス3台で移動しました。

マイクロバスの内の1台は幼児用のバスなので小さなお子さんは楽しそうに幼児用のバスに乗り込んで移動しました。

いちご園に着くとハウスの外でもいちごの甘い香りを感じることが出来ます。

ご協力いただいたのは、厚木市戸田にある西山いちご園です。

厚木市民朝市の方々のご協力により西山いちご園を紹介していただき、入園料のご協力を受けました。

ハウスの中に入るとより濃厚ないちごの香りが広がっています。

子どもたちだけでなく、保護者の皆さんの顔にも笑顔が広がりました。

初めていちご狩りを体験した子どもたちも多く、真っ赤なイチゴに感動している子どももいました。

真っ赤ないちごを口いっぱいに頬張る子どもの笑顔を見ながら、保護者の皆さんも美味しそうにいちごを食べていました。

なかなか地域になじめなかったり、遊ぶところが判らなかったりして家にこもりがちの子どもも、笑顔を取り戻すことが出来、保護者の皆さんもわが子の笑顔を見て喜んでいました。

交流会の会場は、ご協力いただいている厚木YMCAホサナ保育園です。

いちご狩りの後の軽い軽食としてサンドイッチや海苔まきなどを、参加者の皆さんも一緒に準備をしました。

あれだけ沢山いちごを食べたのに少し軽めだったのか?昼食はあっという間になくなってしまいました。

昼食の途中で保育園の遊具に興味津々の子どもたちは、落ち着きが無くなりそわそわしています。

昼食が終わり交流会の始まると子どもはボランティアのお兄さんやお姉さん、そして保育士の皆さんと遊具で遊んだり、一緒に輪になってゲームをしたりと遊び始めました。

 

保護者の方は、すぐ隣の部屋で2グループに分かれての交流会です。

数人の子がお母さんの所に時々来ましたが、だんだんみんなが遊んでる方にひかれて行きました。

保護者が30人も集まった交流会は初めてでした。

ほとんどが初めての参加者だったので、自己紹介だけでもずいぶん時間がかかってしまいましたが、自己紹介をすることによって同郷の人なんだとか!同じような家族構成なんだ!とか色々皆さん判ってくると、こっちに避難する時はどうだったとか?

子どもの保育園はどうしているのとか?、学校で子どもはちゃんと過ごしているのとか?

2重生活の問題、住宅ローンの問題、賠償金の問題、健康の問題など徐々に突っ込んだ話がされるようになりました。

今回の交流会では以前と違い、賠償問題についての話が多く出ました。

ここで一つ決まったのは、弁護士、税理士説明会をどこかで開きましょうということが決まりました。

まだもう少し先になりますが、育児が出来る環境で弁護士、税理士説明会の開催を検討しています。

次回は、こどもの国でBBQ! 広いこどもの国で皆さんが駆けまわれるように開催したいと思います。

共催:横浜YMCA

協力:厚木市民朝市

What's New

熊本支援

守りたい・子ども未来プロジェクト&横浜ビールの共催で毎月第4木金に開催している”福島の地酒バー”では、21・22の収益とお客様から寄せられた募金で、熊本の避難所にむけて玩具&ウェットティッシュを送りました。熊本県ユニセフ協会を通じて届けられます。これは昨日発送したそのうちの1箱です。