神奈川県内への避難状況

 震災から6年が経過した今でも・・・・・・

全国では約9万3千人が避難生活を余儀なくされ、

神奈川には約2,605人の避難者が生活しています。

 

 

 

 

 

一方、今もなお、被災者への支援に協力したいと考えているボランティアの方々は県内外にも大勢います。

What's New

西日本集中豪雨緊急支援

守りたい・子ども未来プロジェクトの支援対象に、「西日本集中豪雨の被災者」を加え、被災地のニーズに対応する形で、子どもを対象とした支援を優先に考えながらも、無理のない範囲で必要な物資等を送ることになりました。

現在、横浜を中心とした食に関わる経営者の皆様が、県内48店舗とイベント会場等で募金活動を始めて下さっております。

熊本支援

守りたい・子ども未来プロジェクト&横浜ビールの共催で毎月第4木金に開催している”福島の地酒バー”では、21・22の収益とお客様から寄せられた募金で、熊本の避難所にむけて玩具&ウェットティッシュを送りました。熊本県ユニセフ協会を通じて届けられます。これは昨日発送したそのうちの1箱です。